1. TOP
  2. 新幹線さくらの授乳室を使ってみた

新幹線さくらの授乳室を使ってみた

子育て 授乳 旅行 この記事は約 7 分で読めます。 4,359 Views

娘が生後2か月のときと生後5か月のときに新幹線を利用しました。

車だと長時間のドライブになるのでまだ体力的にも心配。

それに飛行機も気圧の変化とか音とかでぐずっちゃうかもしれないし。

そう思って新幹線にしたのですが、思っていた以上に子ども連れの新幹線は大変でした。

特に、私と娘2人だけで乗った時はより大変さを感じました。

新幹線に赤ちゃん連れで何度も乗った経験から気づいたこと、ああしておけばよかったなぁとか、乳児と新幹線に乗るときのポイントについて紹介します。

 

新幹線「さくら」で授乳

新大阪から鹿児島までの移動なので、乗り換えしなくても済む直通の新幹線「さくら」を利用しました。

余談ですが、インターネットで14日以上前に指定席を予約しておくと新幹線代がかなり安くなります。(スーパー早特切符についてはまた別の機会に紹介します。)

新大阪から鹿児島の乗っている時間は大体4時間ぐらいです。

最低でも1度は授乳しなきゃなー。なんて思っていたのですが、その考えは甘かったです。





見慣れない場所だからか、自由に身動き取れないからか分からないけど、乗車中ずっと起きていてグズグズしまくり。。。

普段は泣いたら授乳、とにかく授乳で落ち着いてくれるので新幹線に乗っている間何度も授乳しました。

新幹線には多目的室があって、そこが空いていたら授乳で貸してもらえます。多目的室は「さくら」号なら7号車にあります。

 

多目的室での授乳は手間がかかる

多目的室はカギがかかっていて使いたいときに車掌さんや車内販売員さんに声をかけて案内してもらう必要があります。

授乳したいと思っても乗務員さんを見つけないといけないので、それがめんどくさいですね。

泣いている赤ちゃんを連れて探しまわるのも、通りかかるまでデッキで待つのも不便です。

それに、私のように何度も使うとそのたびにカギを開けてもらわないといけないので申し訳なくなってしまいました。

使い終わったらまたカギをかけるので通りがかった乗務員さんに声をかけて知らせます。

授乳したいと思ったら、使いたいとき・使い終わった時にカギを開け閉めしてもらうのでめんどくさいですよね。

 

いつも使えるとは限らない

多目的室は新幹線に1つしかないので、他の人が使っていると空くまで待たなければなりません。

体調の悪い人が優先なのでずっと空かないこともあります。

1度乗車したときには、実際にどなたか体調のすぐれない方が利用していたので使えないことがありました。

そのときは、乗務員さんのご好意で業務室を貸していただけてとても助かりました。

業務室は通常は授乳で貸しているスペースではないので、いつもかしていただけるわけではなさそうです。

多目的室も業務室も使えないときは、トイレでするか、もしくは座席で授乳ケープを使って授乳するしかありません。

一応、座席で授乳ケープを使って授乳するのはOKですが、隣が男性だったりするとちょっと授乳しにくいですね。





 

座席で授乳ケープを使って授乳したことがあります。

事前に切符を購入しておけなくて、当日自由席に乗ったことがあります。

希望の乗車時間の新幹線は指定席は満席だったんです。

何度も新幹線に乗った経験から乗る駅からだと座れる可能性が高かったので自由席でもいいかと思いました。

予想通り座れたのですが、途中から混みあいだして通路に立っている人もいるぐらいになり、授乳室まで行くのが難しくなりました。

 

そこで、授乳ケープを使って座席で授乳しました。

授乳すると赤ちゃんは横に寝た状態になるじゃないですか?そうするとどうしても赤ちゃんの足が座席からはみ出してしまいます。

できるだけ邪魔にならないように座席から半分身を乗り出して横を向きながら迷惑をかけないようにしたのですが、

人によっては嫌がられるだろうなーとか思ってしまいました。

1人で乗っていて隣が夫・両親・友人などでないなら座席で授乳するのはなかなか難しいと感じました。

赤ちゃん連れでは座席選びも大切

私はベビーカーを持っていきたかったので、座席の一番後ろを予約しました。

新幹線の席は一番後ろの席は荷物を置くスペースがあるのでそこにベビーカーがおけます。

大きなトランクなどもここに置けるようになっているので、スペースが空いていないときもあります。

そのときは座っている方に一声かけて座席の一番後ろに置くようにしています。

あと、一番前の席も他の座席に比べると足元が広めになっているので荷物が多いときはおすすめです。

ベビーカーを置く場所がないときは

1度、この一番後ろのスペースに他の方の荷物が置かれていてベビーカーが置けないことがありました。

それで、車掌さんに声をかけてベビーカーをどこかに置けないか相談したことがあります。

たまたま若い車掌さんだったのですが、とてもめんどくさそうな顔をされて申し訳ない気持ちになりました。

このときは降りる駅まで右側の扉が開かないということで扉の前に置いておきました。




赤ちゃん連れで電車に乗るのが早めにわかっていたらできるだけ希望の席が確保できるように早めに予約しておいた方がいいですね。

赤ちゃんがいると体調が悪くなったりいろんな理由で予定が組みにくいものですが、最悪、当日キャンセルすればいいかと思います。

新幹線の乗車時刻までがキャンセル可能なので、その方法についても知っておくといいでしょう。

新幹線のキャンセルについて

何度か新幹線さくらを利用したのですが、一度カゼを引いてしまって乗れなくなったことがあります。

風邪を引いたのが新幹線に乗る予定の2日前でどうしようか悩んだのですが、例え熱が下がっても無理をするとぶり返すかもしれないし、

何より娘に風邪をうつしてしまうのが嫌だったので仕方なく取りやめにすることにしました。

事前にインターネットで座席指定で予約していたのでキャンセルできるか心配だったのですが、新幹線の発車時刻までキャンセル可能でした。

ただし、すでに発券していたのでJRのみどりの窓口まで行かないといけなかったです。

発券せずにインターネットで予約・支払いだけ済ませている状態で乗車するときに発券できるようにしておけば、

ネットでキャンセルすることができるので切符は当日受け取った方がいいですね。

新幹線での授乳で思ったこと。感じたこと

多目的室もあるし、トイレにはおむつ交換台もあるのでそれなりには赤ちゃん連れに対応してはいるのですが、それでも不便さを感じてしまいます。

また、他の乗客の人に迷惑をかけないようにしたいと思っていてもかけてしまうだろうし、そうなったときはごめんなさいと謝ればいいかと。

その一方で、いままで新幹線の乗務員の方に声をかけてほとんどの方は親切な対応をしていただいたのですが、そうではないと感じてしまったことがあるのも事実です。

とにかく日本の電車は赤ちゃん連れには厳しいなぁと感じることもあるのですが、それ以上に優しさを感じるのでもっと赤ちゃんに優しい電車になって欲しいと思っています。



\ SNSでシェアしよう! /

ママだっこの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママだっこの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんがいるのでミネラルファンデーションに変えてみました。

  • ポイントサイトは怪しくて無料で稼げるなんて嘘!

  • EPARKくすりをポイントサイト経由はハピタス

  • EPARK(イーパーク)ペットライフもポイントサイト経由がお得

関連記事

  • マタニティーウェアじゃないけど妊婦服として使えるブランド

  • 出産前に買っといてよかったもの、使わなかったもの

  • 母乳とミルクの違い 混合育児を考えている人のための

  • ベビーベッドに置くと泣く。背中スイッチをオフにする方法

  • 新大阪駅の授乳室を使わせてもらいました。

  • おっぱいが痛い><授乳トラブル